全国通訳案内士試験2次対策 Ron講師のアドバイス!

 

全国通訳案内士試験 
2次試験 合格のコツ! 
<Ron講師の2次対策アドバイス!>

 
ESDIC英語能力開発アカデミー 2次口述試験対策専任講師の Ron Pompeo 講師が、20年以上に及び、数多くの受験者を合格へと導いた豊富な指導経験に基づき、2次口述試験対策の最重要ポイントをお教えいたします。皆様の2次対策に是非、活かしていただきたい必見の内容です。 

 

                              Ron講師.jpg

→Ron Pompeo講師紹介    
 
< Ron 講師の2次対策アドバイス!>

 
訳:小野 良行講師

 

Since last year, the style of the 2nd Examination is being conducted in two parts, namely the interpretation part and presentation part. However, the fundamentals of passing the exam have not changed. In other words, you still need to have sufficient knowledge about Japanese history, customs, culture, society, and lifestyle. In addition, you need to speak clearly and correctly, and you need to look pleasant and have an enthusiastic attitude.
The good thing about this year is that we have a clearer idea about the test format. I expect that this year too, the entire interview most likely will be strictly conducted in terms of time.

昨年以来、2次試験のスタイルは、2つの部門、すなわち通訳とプレゼンの部門で行われています。
しかしながら、試験合格の根本原理は変化していません。
言い換えますと、日本の歴史、習慣、文化、社会、それにライフスタイルに関する十分な知識が相変わらず必要なのです。
さらに、明確に正しく言う必要があるということです。
そして、感じよく見えることと、熱心な態度が必要です。
今年に関して有益なことは、テスト形式に関して、はっきりした考えが見て取れます。
今年も面接全体は、時間の観点から厳密に行われる可能性が高いということです。

Interpretations cannot exceed one minute. 
Presentations cannot exceed two minutes. 
You have 30 seconds to write brief notes, before you begin your presentation.
The entire interview is 8 minutes.

●通訳は1分を超過することができない。
●プレゼンは2分を超過することができない。
●プレゼンを始める前にメモを取る時間が30 秒ある。
●面接全体は8分である。


For the interpretation part:
1. Closely translate the Japanese words into English, and don’t omit or delete words:
If the Japanese includes words such as 「おいしい果物」then say “delicious fruit” in English and not only “fruit”. If the Japanese sentence has only 「魚介類と野菜」, then only say “seafood and vegetables” and do not say “seafood, vegetables, fruit, and chicken”. Saying the interpretation in English words and ideas that correspond as closely as possible to the Japanese words is the best approach to the interpretation part.

通訳:
(1) 日本語を正確に英語に訳す。言葉を省略したり削除しないこと。
もし日本語が「おいしい果物」となっていたら、delicious fruit と言い、単にfruit とはしない。もし日本語が「魚介類と野菜」であれば、seafood and vegetables とし、seafood, vegetables, fruit and chicken としない。日本語に最も近い英語の言葉や考えで通訳することが、通訳部門ではベストな方法です。

2. Pay attention to both content and grammar:
Do not only think of words, and then forget about grammar. For example, when talking about “apples and grapes”, be sure to speak in good English grammar by saying, “In Japan, there are many apples and grapes in autumn”. (And not: “In Japan, there is many apples and grapes in autumn.”)

(2) 内容と文法の両方に注意を払うこと。
言葉だけを考えて文法を忘れるようなことがあってはいけません。
例えば、「リンゴとブドウ」ということで話すのであれば、正しい英文法でIn Japan, there are many apples and grapes in autumn. と必ず言うこと。 In Japan, there is many appels and grapes in autumn. としてはいけません)

3. Learn to take good notes:
A: Make sure to take good notes that you can read. Some students during mock interviews have written notes that they can’t read later. As a result, they couldn’t translate correctly
B: You don’t have to write every word that is said in Japanese, but write the main points. In English, 「です」「ます」is irrelevant.
C. Think of writing English / Romaji codes such as “mj” for 「明治神宮」, “T” or “Tok” for 東京.

(3) よいメモを取れるようにする。
(A) 自分で読むことができるメモを確実に取るようにしてください。
授業でも、あとで自分が読めないメモを取る人がいます。その結果、正確に通訳をすることができません。
(B) 日本語で書かれたことをすべて書くのではなく、主要なポイントを書いてください。英語で「です」「ます」は重要ではありません。
(C) mj で「明治神宮」、T あるいはTok で「東京」を表すといった、英語やローマ字の記号を書くことを考えてください。

 

For the presentation part:
1. Only prepare for two minutes and no more. This means that you don’t have to waste time preparing, memorizing, and practicing presentations that exceed two minutes. Create good presentations that you can say in two minutes.

プレゼンテーション:
(1) 2分間だけの準備をして、それ以上のことはしない。
これはどういうことかと言いますと、2分を超えるプレゼンを準備し、記憶し、練習することに無駄な時間を費やす必要はないということです。
2分間で言うことのできるすぐれたプレゼンを作るということです。

2. You need to balance content and time. Since you only have two minutes to give your presentation, talk about important points and give useful and interesting information, but only enough information to fit within two minutes. Of course, two minutes isn’t enough time to say everything about the topics. So the technique is to prepare a presentation that has a good balance between saying necessary information and finishing within the two-minute time limit. You won’t be able to complete your presentation if you cannot finish it in two minutes. If this happens, unfortunately, your presentation will be only “half answered”. So gain a sense of what you can say in two minutes.

(2) 内容と時間のバランスを取る必要がある。
プレゼンをするのにわずか2分しかないのですから、重要なポイントと有益で面白い情報を述べてください。
しかしそれは2分に収まる程度の情報です。
もちろん、2分はトピックに関してあらゆることを述べるには十分な時間ではありません。
ですから、テクニックとして、必要な情報を言うことと、2分の制限時間内に終わらせることとの間に絶妙なバランスのとれたプレゼンを用意するのです。
もし2分でプレゼンを終えることができなければ、それを完成させることは出来ないでしょう。
もしこうなれば、残念ながら、プレゼンはただ「半分答えた」だけになるでしょう。
ですから、2分間で何を言うことができるのかの感覚を身につけることです。

3. Practice by using a timer. When preparing for the test, practice your presentations, reading with your voice. But be sure to set a stopwatch to two minutes. You can use a kitchen timer or a mobile phone.

(3) タイマーを使って練習する。
2次試験の準備をする時には、プレゼンを声に出して読む練習してください。
必ずストップウォッチを2分にセットしてください。
ストップウォッチの代わりにキッチンタイマーや携帯電話が使えます。

4. Adjust your answer to fit within two minutes. If you prepared a presentation but cannot finish it in two minutes, then reduce content. If you finish too soon, add content. Continue adjusting your presentation until you have the right amount of content that you can comfortably say within two minutes.

(4) 答えを調整して2分以内に収める。
プレゼンを準備したけれども、2分で終わることができなければ、中身を減らしてください。
もし終わるのが早過ぎるのであれば、中身を加えてください。
難なく2分以内で言うことができる適切な内容量になるまで、プレゼンの調整を続けてください。

5. Prepare a two-minute, set answer, and then practice, practice, practice. Once you have prepared a good presentation that you can say within two minutes, continue to practice that answer, without making changes each time you say it.

(5) あらかじめ決めた2 分間の答えを用意し、あとは練習あるのみ。
2分以内で言うことができる上等なプレゼンをいったん準備したら、その答えを、それを言う度に変えるのではなく、練習し続けてください。

6. Prepare by recording your voice. I suggest you record your voice. When you listen to your presentation, confirm that the words you say are the words you prepared in your written, two-minute presentation. For example, check that the grammar of the sentences that you say is correct, and check that you didn’t make any mistakes about months, years, numbers, place names, etc.

(6) 声を録音して練習する。
(ご自分での練習中)自分の声を録音するとよいでしょう。自分のプレゼンを聴くときには、自分の話す言葉が、自分で書いた2分間のプレゼンの言葉であることを確認してください。
例えば、自分の言う文章の文法が正しいことを確認してください。
また、年月、数字、地名などに関して間違っていなかったことを確認してください。

7. Practice by using key notes. Since you have 30 seconds to write notes before you begin your presentation, write key notes and practice by looking at the key notes instead of your full, written presentation. Look at the notes and think of the story for each of the notes. For example, if the topic is the three most famous gardens, then write key notes such as:
Kairakuen: Mito. plum blossoms, 100 kinds of trees, Feb 20-March 31
Korakuen: Okayama. largest, Sawa no Ike, three islands, replicates lake biwa scenery
Kenrokuen: Kanazawa. stone lantern, winter, pine trees

(7) 要点を使って練習する。
プレゼンを始めるまでにメモを書く時間が30 秒あるのですから、全体が書かれたプレゼンの代わりに、要点を書き、それを見て練習してください。
メモを見て、それぞれのメモの話を考えてください。
例えば日本三名園なら要点はこうなります。

●偕楽園:水戸、梅の花、百種類の木、2月20日〜3月31日
●後楽園:岡山、最大、さわの池、3つの島、琵琶湖の景色と瓜二つ
●兼六園:金沢、石灯籠、冬、松

8. Know how to say Japanese words in English.  Some words like “kimono”, “tofu”, ”sake”,  “wasabi”, and “sushi” are usually understood by most tourists nowadays, so you don’t need to translate them if you say them in your presentation. However, other Japanese words commonly used such as onsen, soba, and shochu, are not as well known. You might want to say these words in Japanese to save time. If you do, be sure that you can explain them, if you are asked, for example, “What is soba?”. A simple answer is fine, such as “Soba are buckwheat noodles.” 

(8) 日本語を英語でどのように言うのかを知る。
kimono、tofu、sake、wasabi、それにsushi は、今ではほとんどの観光客が大抵理解します。
ですから、プレゼンでそれらを言う時には訳す必要はありません。
しかしながら、onsen、soba、shochu など、他に一般に使われる日本語はそれほど知られていません。
時間を節約するためこれらの言葉を言いたくなるかもしれません。
もしそうするのであれば、たとえば、もしWhat is soba? と訊かれたら、必ずそれを説明できるようにしてください。
たとえばSoba are buckwheat noodles. という簡単な答えで構いません。

9. Know the years of periods/eras. In order to save time, you might say the names of eras or periods of Japanese history without saying their years. For example, “There was an isolation policy during the Edo Period.” However, make sure you know the correct years, if you are asked, ”When was the Edo Period?”

(9) 時代の期間を知る。
時間を節約するために、日本の歴史の時代を、その期間を言わないで、その名前を言うかもしれません。
たとえば“There was an isolation policy in the Edo Period.”(江戸時代は鎖国でした)です。
しかしながら、「江戸時代はいつでしたか」と訊かれるかもしれないので、正しい期間を知っておくようにしてください。

10. Know much more about the topics. After you finish your presentation, you will be asked a couple of questions about the presentation topic. So, be sure to know related information about the topic. Since your presentation cannot exceed two minutes, it is impossible to say everything about the topic in such a short time, so be ready to answer some questions about them. And when you finish speaking, don’t forget to say “Thank you.” Or “That’s all, thank you.”

(10) トピックに関してもっと知っておく。
プレゼンを終了したあと、そのプレゼンのトピックに関して訊かれます。
ですから、トピックに付随する情報も知るようにしてください。
プレゼンは2分を超えることはできないのですから、非常に短い時間でトピックに関してあらゆることを言うことは不可能です。
ですから、トピックについてのいくつかの質問に答える準備をしてください。
そして、話し終える時に、“Thank you.” あるいは、“That’s all, thank you.” と言うのを忘れないでください。

During the examination, in addition to giving excellent answers, you need to prove that you will be a friendly and professional tour guide. While grammar and pronunciation are important points, it is also necessary for you to give informative, accurate, and easy-to-understand answers in a cheerful and pleasant manner. Always smile and look happy, as if you are having fun. (I know that this is hard when you are nervous in front of the interviewers. However, it's important for you look confident the whole time.)

試験の間、すばらしい答えを言うのに加え、将来親切でプロフェッショナルなガイドになるであろうということを証明する必要があります。
文法や発音は大事な要点ですが、元気よくにこやかに、有益で、正確で、かつ理解しやすい答えを言うこともまた必要なことです。
まるで楽しんでいるかのように、常に微笑んで、楽しそうにしてください。
(試験官を前に緊張している時に、このことが難しいのは承知しています。しかし、試験時間全体を通して自信があるように見えることは重要なことです。)

Now, I want you to ask yourself the following question: If you were a tourist who came to Japan, would you be satisfied if “you” became “your” tour guide?
I hope that you will seriously think about the answer to this question and respond honestly. I hope that you can answer with a very firm “yes”. It’s vital for you to show, during the examination, that you will become a tour guide whom tourists will want to travel with during their trips.

さて、私は次の質問をしたいのです。
もしあなたが日本に来た観光客だとして、あなたは、「あなた」が「あなたの」観光ガイドになれば満足しますか、と。
この質問に対する答えを真剣に考えて、正直に答えて欲しいのです。
非常にきっぱりと「はい」と答えることができればよいと思います。
試験では、観光客が旅行中に一緒に旅行したいガイドにあなたはなるだろうということを示すことが極めて重要不可欠です。

Finally, I always work hard to ensure that every class is informative and valuable to every student. I always feel honored to hear from former students who tell me that I contributed to their success in passing the 2nd examination. However, I tell them that their passing wasn’t because of me, but rather, it was because of their own tremendous effort.

最後に、私はすべてのクラスがすべての学生にとって有益で価値があるように、常に最善を尽くしています。
かつての学生から2次試験に合格したのは私のおかげだったというのを聞くと私はいつも晴れがましく思います。
しかし、彼らの合格は私ではなく、彼ら自身が大いに努力したおかげだと私は彼らに言うのです。 


ESDIC英語能力開発アカデミー

▲このページのトップに戻る