全国通訳案内士試験2次対策ESDIC2020年春期<英語2次セミナー>

 

次回2020年秋期は9月開講!

2020年春期<英語2次セミナー>

少人数での予想問題による徹底指導!

----------------------------------------------------------------------------------------

全国通訳案内士試験において、近年、下がり続けていた2次試験合格率は、一昨年、合格基準が6割→7割に上がり、また、「実務関連質疑」 が加えられ未だかつてない低い数値 となり、昨年も50%を切っております。

【英語2次試験合格率】
87.3% (2012年度)
73.7% (2013年度) 「通訳・プレゼンテーション(Q&A含む)」導入
76.5% (2014年度)
69.1% (2015年度)
67.6% (2016年度)
61.5% (2017年度)
43.1% (2018年度) 「実務関連質疑」導入+合格基準が6割→7割にアップ!
47.4% (2019年度)

  (JNTO日本政府観光局発表)

【2次試験の評価項目】
・プレゼンテーション
・コミュニケーション (臨機応変な対応力、会話継続への意欲等)
・文法及び語彙
・発音及び発声
・ホスピタリティ (全国通訳案内士としての適切な受け答え等)

(JNTO日本政府観光局発表)

上記より、現行の2次試験に合格する為には、本試験ならではの特徴をしっかりと把握し、最も適切で効果的、且つ十分な訓練を積む必要があります。

単に、英会話に自信があるというだけでは、合格は非常に難しいと言えます。

  

【<英語2次セミナー>の特長】

(1) <英語2次セミナー>は、2次試験合格に必要な「和文英訳」「実務関連質疑」「プレゼンテーション」のすべての対策を含む、2次試験対策に特化した授業内容です。

(2) 少人数にて、各受講生の回答時間を確保、全問に回答例を付けてはおりますが、授業では各受講生の回答に焦点を当て、それを修正・解説し、 「合格ライン」に達する為の「ズバリ実践的な指導」を行います。

(3) また、9週間で「和文英訳問題」(81問) +「実務関連質疑」と「プレゼンテーション」(81問)を学習することにより、(コンパクトに説明が出来る)日本事象の知識の習得、およびその英語表現の習得を目的としております。

(4)さらに、本セミナー授業は、「和文英訳問題」「実務関連質疑」「プレゼンテーション」への対応を可能にする「土台+応用力」養成の内容です。

従いまして、授業そのものを十分に理解していただく為にも、毎回 「予習」をお願いしております。

★ この「予習」の効率的な方法、および授業の流れや補助教材の使い方は、お申込み手続き後、個別にお電話にて説明をさせていただきます。

● このように、<英語2次セミナー>では、9週間の「和文英訳+実務関連質疑」&「プレゼンテーション+Q&A」の実践式集中訓練により、口述における(表現力・文法力・語彙力等の)英語力と、日本事象の知識、および実務関連対応力を含めた総合力をアップさせることが可能となります! 

 

春期<英語2次セミナー>東京会場

2次セミナー永岡先生.jpg

  

※東京会場は、満席にて締め切らせていただきました。

今期のみ東京会場は、「和文英訳+実務関連質疑」授業のみとなります。

≪「和文英訳+実務関連質疑」 レッスン≫

●春期では、Lesson1,2 の授業にて、昨年2019年の2次口述試験で出題された、「和文英訳」 「実務関連質疑」 全問題 (ESDICにて独自に再現)&回答例 を使用実務問題では、講師が解説してから、お一人ずつ練習していただきます。

★ 「和文英訳+実務関連質疑」 レッスンにて苦手だと感じる方が多い、2次試験での和文英訳(通訳)問題、および実務関連問題にしっかりと対応できる実力を養成いたします。

 ・「和文英訳」 (1回 2時間 : 日本人講師による日本語+英語での指導)

 ・定員 6名様 (最大8名様まで)、全 9 回 (合計 18 時間)

★ 授業では、お一人ずつ順番に当てていきますので、回答中は、講師と1対1でのやり取りになります。

★ 日本人講師が日本語でのレッスンを行い、毎回、各「和文英訳」問題に対し、日本語から英語に変換する際の重要ポイントや、日本人が間違い易い発音の指導、重要語句の確認・口頭練習を徹底して行います。

これにより、日本語から英語への変換の仕組みを理解し、応用問題にも対応できるようになります。
これは、例年の<英語2次セミナー>でも実証済みです。

★ 授業中、講師が問題を読み上げ、全員でメモ取りをしていただきますので、メモ取りの訓練も十分にしていただけます。また、講師からメモ取りのコツも説明いたします。

★ さらに、各「和文英訳」問題に関連した、実務対応問題に関する解説と英語でのQ&Aも行います。

★ 毎回、全問に関し、オリジナル「重要関連事項・日本事象」資料と、メモサンプルを配布いたします。

【授業で使用の教材】

全問回答例付 : (2019年秋作成) <英語2次セミナー>テキスト (第8版)
    「和文英訳」(81問)「プレゼンテーション」 (81問)

※但し、Lesson1,2 の授業では、昨年2019年の2次口述試験にて出題された、「和文英訳」 「実務関連質疑」 全問題 (ESDICにて独自に再現)&回答例 を使用いたします。

  ★ 上記「和文英訳」 全問に関する、オリジナル「重要関連事項・日本事象」 資料+メモサンプル

授業日程】
「和文英訳+実務関連質疑」 週1回(2 時間)、全 9 回 (合計 18 時間)

----------------------------------------------------------------

≪金曜日クラス≫  満席

● 金曜日「和文英訳+実務関連質疑」(12:30〜14:30) 永岡講師

( 5/8, 15, 22, 29, 6/5, 12, 19, 26, 7/3 : 合計9回 ) 

≪土曜日クラス≫ 満席

● 土曜日「和文英訳+実務関連質疑」(12:30〜14:30) 永岡講師

( 5/9, 16, 23, 30, 6/6, 13, 20, 27、7/4 : 合計9回 ) 

----------------------------------------------------------------

【会場】
●土曜日クラス <高円寺第1会場>
●金曜日クラス <高円寺第2会場>

【講師】
永岡 亨 講師

【定員】
各クラス : 6 名様

【ご欠席の場合】
(1) 他クラスに空席のある場合のみ、お振替えいただけます。
(2)
お振替も無理な場合は、全く同じ内容ではございませんが、ご参考にしていただける、通信版<英語2次セミナー>1レッスン分(プリント教材+CD1枚: 5,000円 相当)をサービスとしてお渡しいたします。

● 但し、ご欠席による、通信版<英語2次セミナー>お渡しのサービスは、「2回まで」 とさせていただきます。

【ご注意事項】
● 授業内容の録音に関しましては、ご遠慮いただいております。

【費用】
合計費用=授業料+教材費

●授業料
 (1回 2 時間×全 9 回:18 時間 ) 45,000円

●教材費
(1) (2019年秋作成)<英語2次セミナー>テキスト(第8版)+「重要関連事項」、メモサンプル (2,000円)
(2) 補助教材:「日本事象ESDIC280」 (書籍+CD2枚:3,500円)

★ 日本事象強化の為、補助テキストといたします。
※既にお持ちの教材の費用は、引かせていただきます。

教材費合計 5,500円

●合計費用
(18 時間 : 授業料)45,000円+(教材費)5,500円 50,500円 (税込)

【お申込みに関するご注意】

(1) ご入金後は、ご欠席の場合も含め、 ご返金依頼はお受けできませんので、予めご了承ください。

(2) ご受講開始後、やむを得ずご欠席の場合を除き、ほとんどご欠席という状況には出来るだけならないよう、ご出席いただけることを前提に、お申込みをお願いいたします。

※ ご欠席による、通信版<英語2次セミナー>お渡しのサービスは、「2回まで」とさせていただきます。

【お申込方法】
お申込みは、下記のお申込みフォームからお願いいたします。

【お問合せ】
お問合せは、下記のページ内(下方にあります)、<お問合せ>フォームからお願いいたします。

  


 

春期<英語2次セミナー>大阪会場

 2013大阪2次セミナー.jpg 

  

●春期の「和文英訳」+「実務関連質疑」では、Lesson1,2 の授業にて、 昨年2019年の2次口述試験で出題された、「和文英訳」 「実務関連質疑」 全問題 (ESDICにて独自に再現)&回答例 を使用実務問題では、ネイティブ講師との英語でのやり取りを行います

★ 大阪会場での特長として、毎回、日本人講師とネイティブ講師の2名で授業を行いますので、連携を取りながら、多様なご質問へもその場で対応できます。

★ 1回(2時間10分)の授業中、休憩をはさみ、前半はネイティブ講師の英語による「プレゼンテーション」対策授業、後半は、日本人講師の日本語による「和文英訳」対策+「実務関連質疑 (質問はネイティブ講師担当)」です。

 ・「プレゼンテーション+和文英訳+実務関連質疑」 (1回 2時間10分 : 日本人講師+ネイティブ講師の2名での指導)

・定員 6名様 、全 9 回 (合計 19.5 時間)

【授業スケジュール】
・「プレゼンテーション」: ネイティブ講師の英語でのレッスン(70分間)
・休憩5分
・「和文英訳」+「実務関連質疑」: 日本人講師の日本語でのレッスン+ネイティブ講師コメント(55分間)

★ 授業では、お一人ずつ順番に当てていきますので、回答中は、講師と1対1でのやり取りになります。
少人数クラスにて、2次試験にしっかりと対応できる実力を養成いたします。

★ ネイティブ講師による「プレゼンテーション」レッスンでは、英語にてレッスンを行い、お一人ずつの回答の時間を測り、文法、表現、発音をチェックし、そのテーマに合わせて、指導いたします。

また、プレゼンテーション回答に対して、2次試験で聞かれそうな質問をし、その回答に関してもアドバイスをいたします。

★ 日本人講師による「和文英訳」レッスンでは、日本語にてレッスンを行い、毎回、各「英訳」問題に対し、日本語から英語に変換する際の重要ポイントを解説。
これにより、日本語から英語への変換の仕組みを理解し、応用問題にも対応できるようになります。
これは、例年の<英語2次セミナー>でも実証済みです。

★ 授業中、講師が問題を読み上げ、全員でメモ取りをしていただきますので、メモ取りの訓練も十分にしていただけます。また、講師からメモ取りのコツも説明いたします。

★ さらに、各「和文英訳」問題に関連した、実務対応に関する日本語の問題を読み上げ、ネイティブ講師との英語でのやり取りを行います。

★ 毎回、全問に関し、オリジナル「語句解説」資料と、メモサンプルを配布いたします。

【授業で使用の教材】

全問回答例付 : (2019年秋作成) <英語2次セミナー>テキスト (第8版)
    「和文英訳」(81問)「プレゼンテーション」 (81問)

※但し、Lesson1,2 の授業では、昨年2019年の2次口述試験にて出題された、「和文英訳」 「実務関連質疑」 全問題 (ESDICにて独自に再現)&回答例 を使用いたします。

★ 上記「和文英訳」 全問に関する、オリジナル「重要語句の解説」 資料+メモサンプル

【授業日程】
「プレゼンテーション+和文英訳+実務関連質疑」 週1回(2 時間10分)、全 9 回 (合計 19.5 時間

----------------------------------------------------------------

≪土曜日クラス≫

● 土曜日12:40〜14:50 (ネイティブ講師&日本人講師の2名) 募集締め切り
● 土曜日15:10〜17:20 (ネイティブ講師&日本人講師の2名) 募集締め切り

( 5/9, 16, 23, 30, 6/6, 13, 20, 27、7/4 : 合計9回 ) 

----------------------------------------------------------------

【会場】
新大阪

【講師】
Brent Byrne 講師
小野 良行 講師

【定員】
6名様

【ご欠席の場合】
全く同じ内容ではございませんが、ご参考にしていただける、通信版<英語2次セミナー>1レッスン分(プリント教材+CD1枚: 5,000円 相当)をサービスとしてお渡しいたします。

● 但し、ご欠席による、通信版<英語2次セミナー>お渡しのサービスは、「2回まで」 とさせていただきます。

【ご注意事項】
● 授業内容の録音に関しましては、ご遠慮いただいております。

【費用】
合計費用=授業料+教材費

●授業料
 (1回 2時間10分: 全 9 回 :19.5時間 ) 50,000円

●教材費
(1) (2019年秋作成)<英語2次セミナー>テキスト(第8版)+「語句解説」、メモサンプル (2,000円)
(2) 補助教材:「日本事象ESDIC280」 (書籍+CD2枚:3,500円)

★ 日本事象強化の為、補助テキストといたします。
※既にお持ちの教材の費用は、引かせていただきます。

教材費合計 5,500円

●合計費用
(19.5 時間 : 授業料)50,000円+(教材費)5,500円 = 55,500円 (税込)

【お申込みに関するご注意】

(1) ご入金後は、ご欠席の場合も含め、 ご返金依頼はお受けできませんので、予めご了承ください。

(2) ご受講開始後、やむを得ずご欠席の場合を除き、ほとんどご欠席という状況には出来るだけならないよう、ご出席いただけることを前提に、お申込みをお願いいたします。

※ ご欠席による、通信版<英語2次セミナー>お渡しのサービスは、「2回まで」とさせていただきます。

【お申込方法】
お申込みは、下記のお申込みフォームからお願いいたします。

【お問合せ】
お問合せは、下記のページ内(下方にあります)、<お問合せ>フォームからお願いいたします。

 

2020年春期<英語2次セミナー>では、全国通訳案内士2次口述試験に対応できる総合力をアップさせていただけます! 

 

ESDIC英語能力開発アカデミー

 

 

▲このページのトップに戻る